img_01

西原商会は全国に茶わん蒸しの元をお届けします


「平成のやってtry」は面白いですよね。
放送しているのは、特に面白い人たちばかりですが、
奇想天外な様々な料理(食べられるとは限らない)が登場します。
ところで、味噌汁を飲んだことの無い人に、
味噌汁を作らせたら何が出てくるのでしょうか。
恐らく99%の人が、味噌をお湯で溶かすだけだと思います。
出汁の効いてない味噌汁は味気ないです。
しかも、最近の味噌は初めから「だし入り」のものがありますので、
日本人でも出汁の存在に気付けないかもしれません。

同様に、茶わん蒸しの失敗でよくあるのが、出汁の入れ忘れです。
むしろ、出汁の代わりに何を入れるのか、とても気になります。
水でしょうか?
それとも、溶き卵100%でしょうか?
固まらないか、焦げるかの二択になりそうです。

茶わん蒸しの出汁というものが売られています。
醤油や鰹節、かつお、こんぶ、
あさりなどのエキスがふんだんに含まれており、
これと溶き卵と具材を入れて蒸すだけで、
美味しい茶わん蒸しを食べることが出来ます。
特に、西原商会の茶わん蒸しが人気です。

正確には匠フーズが製造していますが、
ここは西原商会の系列工場になります。
西原商会は全国の飲食店に向けて、
匠フーズの茶わん蒸しの元を配送しています。
また、匠フーズはほかにも、厚焼き玉子、豚やわらか煮、
ローストビーフなど、様々な加工品を製造し、
それらを西原商会が全国のお店に届けています。

料理店によっては茶わん蒸しの元を
素材から作るところもあると思います。
しかし、回転寿司などのチェーン店でしたら、
高確率で茶わん蒸しの元に頼っています。
茶わん蒸しは寿司屋の看板メニューになりつつあり、
多くの方がこの茶わん蒸しの元の恩恵に預かっているのです。